創業昭和5年のかんざし屋 3代目が綴る、かんざし屋としての日常のことなど


by kanzasi_yamaguchi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

芳丁(よしちょう) 赤 七寸無地 鮮やかな深紅のかんざしです

f0151488_01211242.jpg
こちらのブログはかなり前に更新したきりでそのままになっていたのですが、
今回改めてこちらでもかんざしをご紹介させていいただきたく存じますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

さてその第一弾は芳丁(よしちょう)です。
なおこの芳丁の漢字ですが、これは弊社の先代があてたもので当店のオリジ
ナルな表現でございます(他には「吉」の字をあてる場合もございます)。

通常ですと卵甲(らんこう)といって本べっ甲を模した色合いのものを製作して
いるのですが、こちらは赤い生地を使って製作したオリジナルです。
色合いとしてはかなり濃い感じの赤で、和風に合う落ち着いたものになって
います。
ちょっと独特な雰囲気のものですが、特注にて製作したこともありますので、
これもまた華やかで印象的なものと言えるでしょう。
f0151488_01224894.jpg
大きさは七寸(21センチ)で、使いやすい中ぶりなサイズです。
プラスチック製ですが、よくあるアクリル樹脂ではなく、アセテート樹脂を
使っています。アクリルとは違ってたわみに強いのが特徴です。
f0151488_01225542.jpg
芳丁は前髪に挿すもので、かつ挿したときに水平か斜め下くらいの角度に
なるため、落ちてしまわない様にかんざしの足に割りばし状の切れ込みを
入れています。
これを少し開くようにしながら髪に挿し入れるようにして、挿したあとに手を
離すと、少し開かせた足が閉じてしっかり留まるのです。
アクリルですと足を開かせたときに折れてしまうことがありますので、特に
アセテートを用いているものです。
f0151488_01321953.jpg
販売価格:1.404円(1,300円+消費税)
販売本数:12本

いかがでしょうか。
こちらの商品に関するお問い合わせは、下記のメールアドレスまでお気軽にどうぞ。
cnle2285☆yahoo.co.jp
(☆マークを@マークに代えてください)



[PR]
by kanzasi_yamaguchi | 2017-04-07 01:32 | 芳丁(よしちょう)