創業昭和5年のかんざし屋 3代目が綴る、かんざし屋としての日常のことなど


by kanzasi_yamaguchi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:玉かんざし( 15 )

ここのところブログをなかなか更新できず、申し訳ございません。
実際、パタパタと動き回っておりまして、なかなか落ち着いてご紹介
することができませんでした。

さて本日は、人気の玉かんざしいろいろをご紹介いたします。
まずは本べっ甲の玉かんざしです。
先日、ついに前回製作していただいた10本が無くなりまして、
追加製作をお願いしておりました。ちょうどそれが出来上がって
まいりました。
f0151488_04311100.jpg

今回も10本、お願いしてみました。
耳かき部分には斑(ふ)が入っているところを選んで付けてもらって
います。べっ甲は天然素材ですので、一つづつ異なっています。
耳かき部分UP↓
f0151488_0432132.jpg


今なら選び放題ですよ。一つづつ見比べてみて、ご自分のお好みの
ものを選んでみてはいかがでしょうか。
近日中にアップいたしますので、お待ち下さい。もし気になる方は
お気軽にお問い合わせいただければ幸いです。


ちなみに、全く関係無いんですが私の親戚に日本刀の拵え(こしらえ)を
作っている作家(でいいのかな)がいるのです。日本ではそれこそ数える
ばかりだと思うんですが、それゆえなのか国宝クラスの修理や製作も
手がけているようで、その道では有名らしいのですね。まあ私にとっては
ちょっと愉快な親戚のおじさんの一人なんですけれども。
で、夏ごろにその方から電話が掛かってきまして、とある歴史上の有名な
宝殿に納められている工芸品の修理とレプリカの製作を依頼されていると
いうんです。で、その中に本べっ甲を使った部分があるので、本べっ甲の
職人さんを紹介してもらえないかということだったのです。
そこで私はいつもかんざしをお願いしている方をご紹介したのですが、
実は別ルートでも本べっ甲の職人さんを探していたらしいんですね。
ところが、その別ルートでも同じ職人さんを紹介されたそうなのです。
それくらい私自身も信頼している方の手によるものですので、どうぞよろ
しくお願いいたします。

こちらの商品に関するお問い合わせは、
080-3470-2892 (店主ケイタイ)か
03-3700-2625 (店舗)までお気軽にどうぞ。

かんざし屋 有限会社山口のサイトはこちら
[PR]
by kanzasi_yamaguchi | 2010-11-29 01:11 | 玉かんざし
ここ2ヶ月くらい、本べっ甲のかんざしのオーダーや修理などが重なって
おりまして、1つ出来あがるとまた次が、というようにポツリポツリとつながって
おりました。その流れの中で一本、お願いしていたものがあったんです。
それがこちらの玉かんざしです。
f0151488_22234064.jpg


足と耳かきは本べっ甲で、玉は虫食い状の穴が開いている本サンゴを
使ったものです。
去年の夏ごろに本サンゴの玉かんざしを1本作ってもらいましたが、また
同じようなものができないかな、と思っていたんです。

でも玉自体がもうあんまりないらしいし…まあどこかで手に入ることもある
かもなあ、と考えてはいたんです。

で、数ヶ月前にオーダーでお受けしたかんざしで本サンゴの玉を使用したい
というリクエストをいただきまして、サンゴ屋さんを紹介していただいて直接
見に行った先で出会ったのがこちらの玉でした。

いやー、こういった虫食い状のものは需要があまりないそうで、そちらの
お店でも残りは少なくなっていたんですけど、出会えてよかったです。
まあ特にオーダーをいただいているわけでもなく、まだ二次加工もしなくちゃ
いけないので(アクセサリー用なので空いている穴が細いんです。これを
かんざし用にするため大きめの穴を開けてもらうんですが、やはり餅は餅屋
なのでまたちょっと時間が掛かるんですね)、ゆっくりじっくり待っていました。

で、ついに玉ができたのでそれを本べっ甲の職人さんにお渡しして、これまた
じっくり待っていたところ、ようやく「出来ました」というお電話が!
早速お伺いしていただいてまいりました。

虫食いの本サンゴの玉に、耳掻きと足は本べっ甲という、本物づくしの
逸品です。
f0151488_22365547.jpg


面白いのは、足の部分にも細かく斑が入っているところです。
f0151488_2240022.jpg

髪に挿してしまうと全く見えない部分なのですが、お使いいただくご本人様
だけがここにも斑が入っているのよ、とお分かりいただけるというちょっと
面白い仕掛けになっています。

限定1本のみのものですので、どうぞよろしくお願いいたします。

こちらの商品に関するお問い合わせは、
080-3470-2892 (店主ケイタイ)か
03-3700-2625 (店舗)までお気軽にどうぞ。

かんざし屋 有限会社山口のサイトはこちら
[PR]
by kanzasi_yamaguchi | 2010-04-22 22:44 | 玉かんざし
昨日登録した玉かんざし色々について、こちらのブログでもご紹介させていただきます。
まずは番号順に#51~#54まで
f0151488_1825785.jpg

左から変形竹足タイプ、塗り系金箔貼り/黒、/赤、そして塗り分けの金箔&ラメタイプです。
塗りのものはどれも同じ大きさで、玉の直径が24ミリ(八分玉)の使いやすいサイズ
です。まだちょっと早いですけど、成人式にもおすすめの一品です

次は#57~#59の特価品のトンボ玉かんざしです。
f0151488_17501825.jpg

詳細説明の欄にも書いたのですが、これ実は当店の古いストックのものなんです。
以前(2002年ごろ)に一箱まるまるこれが入っていた箱が出てきまして、わー、これは
たくさんありすぎ…ということで特価で販売していたんですよ。
で、お陰さまで数年で売り切った…ハズだったんですが、またまた別の箱からちょろっと
出てきまして。しかも玉だけの状態で
こ、このままではどうしようもないやんけ…と思っておりましたら、なんとかんざしの足
パーツだけというのがタイミングよく出てきたんです。で、もーこれは神様が「これを使って
やってみなしゃい」というお告げなんじゃ?と解釈しまして(だってタイミング良すぎだし)、
完成しましたのがこちら↓
f0151488_17593314.jpg

以前販売したものとは違って、耳かき部分にゴールドのラメも付けてみました。なお
玉の種類は3タイプあるんですが、全部で25~6本しかありませんので、どうぞよろしく
お願いいたします。

さてお次は#60~#62の一点もののトンボ玉かんざしです。
f0151488_1822680.jpg

これらは数年前にとあるガラスビーズやトンボ玉を扱っているお店で購入したものです。
今回ついに具体化してみました。小振りで使いやすい大きさなので、通年お使い
いただけるものと思いますが、これからの浴衣のシーズンにもおすすめです。


こちらの商品に関するお問い合わせは、
080-3470-2892 (店主ケイタイ)か
03-3700-2625 (店舗)までお気軽にどうぞ。

かんざし屋 有限会社山口のサイトはこちら
[PR]
by kanzasi_yamaguchi | 2010-04-21 23:13 | 玉かんざし
先日、本べっ甲の玉かんざしが出来上がってきましたが、その際に
もう一本、お願いしていたものがありました。
それがこちらの玉かんざしです。
f0151488_21221254.jpg

足と耳かきは本べっ甲で、玉は虫食い状の穴が開いている本サンゴを
使いました。
ちょうど本漆塗りの玉かんざしを作ってもらおうと思っていた頃、とある
お得意様から、
「去年の夏に本サンゴの玉かんざしやってたよね、あれはもうないの?」
というお問い合わせをいただきまして。
あのときは、ウチの会社にたまたま本サンゴの玉が2個だけあったので
本べっ甲の足を付けてもらったのですが、今となっては玉自体があるか
どうか…というところだったんです。
本べっ甲の職人さんにサンゴの玉を探してみていただいたところ、丁度
1つだけよさそうな大きさのものがあるとのこと。早速お願いしておりました。

虫食いの本サンゴの玉に、耳掻きと足は本べっ甲という、本物づくしの
逸品です。
先日ついに出来上がってきましたので、早速ご紹介させていただきます。
f0151488_21233513.jpg

今回は玉自体も新規に用意したものなので、通常の価格となっており
ますが、基本的には標準的なお値段だと思います。
f0151488_21235823.jpg

限定1本のみのものですので、どうぞよろしくお願いいたします。

こちらの商品に関するお問い合わせは、
080-3470-2892 (店主ケイタイ)か
03-3700-2625 (店舗)までお気軽にどうぞ。

かんざし屋 有限会社山口のサイトはこちら
[PR]
by kanzasi_yamaguchi | 2009-07-01 14:34 | 玉かんざし
久しぶりに本べっ甲の玉かんざしが出来上がってきました。
f0151488_12332532.jpg

当店では、扱う量は少ないですが、本べっ甲製のかんざしなども扱っております。
先日ちょうど前の在庫が売り切れまして、追加で製作をお願いしていたのですが、
それが出来上がったのでご報告させていただきます。

足と耳カキの部分が本べっ甲製です。大きさは一つ一つ異なりますが、全体が
約18センチ程度、足だけの長さが約13センチ程度、耳カキは約3センチ程度の
使いやすいサイズ。玉の直径は約六分(20ミリ)です。
f0151488_12335877.jpg

実は玉の素材が木台ではありません。ここ数年は樹脂の玉を使っています。
木製の玉材料が球体というより若干いびつなものしかできなかったため、他の材料を
試してみたところ、漆塗りの方の職人さんのOKが出たので、以後は樹脂の玉を
使用しているのです(ここ、私のOKじゃないんです。職人さんのOKが重要なんですね)。
ただ、実際に使ってみて感じたのは、樹脂にもいろいろな素材があり、現在使用
したものは重さも気にならなかったので、ご好評いただいております。
玉の色は赤のみですが、朱のような明るい赤ではなく、やや落ち着いた渋い
色合いになっています。本漆らしい色合いといえるでしょう。
足のほうは全体的に黒っぽいものですが、かなりの厚みがあるのにも
かかわらず(5ミリ前後)、斑の入っている部分も見えます。
綺麗なのは耳カキ部分で、マーブル状に斑の入った部分は本べっ甲ならでは
の味わいが感じられると思います。

販売価格21,000円(本体価格20,000円、消費税1,000円)

今回も10本、作ってもらいました。実際にご来店の上、実物を手にとって見て
いただければ、こちらも安心です。どうぞよろしくお願いいたします。

こちらの商品に関するお問い合わせは、
080-3470-2892 (店主ケイタイ)か
03-3700-2625 (店舗)までお気軽にどうぞ。

かんざし屋 有限会社山口のサイトはこちら
[PR]
by kanzasi_yamaguchi | 2009-06-15 12:34 | 玉かんざし
先日、こちらへご来店いただいたお客様から特注品のご注文をいただき
ました。

当店のある用賀のお隣の駅である桜新町に、近々オープンする飲食店
さんのスタッフ様用に、同じ玉かんざしを5本、お作りするというご依頼
でした。

はじめに大体のイメージをお持ちだったので、玉のサンプルの中から
色をご指定いただき、次に足の長さを決めていただいたくらいで済みま
した。
写真1↓大きさのイメージ。
玉の大きさは小さい方で、全体のサイズは大きい方で、とのこと。
f0151488_19423570.jpg


写真2↓玉の色サンプル。
写真中央のベージュ色のものをお選びいただきました(足の色は黒)。
f0151488_19425097.jpg



で、出来上がったサンプルがこちら↓
f0151488_1943745.jpg

まだちょっと手直ししますが(玉のサイズに対して耳かきが大きいかなって)、
こうしたことを繰り返して新規に作っていくのが楽しいです~。

☆3/28日追記:
ちなみに今回の玉かんざしは、販売価格1,890円にてご用意できました。
特注とはいえそれほどお値段には影響しないものでしたので、皆さんも
お気軽にご相談いただければ幸いです。


こちらの商品に関するお問い合わせは、
080-3470-2892 (店主ケイタイ)か
03-3700-2625 (店舗)までお気軽にどうぞ。

かんざし屋 有限会社山口のサイトはこちら
[PR]
by kanzasi_yamaguchi | 2009-03-20 19:50 | 玉かんざし
さて、またお客様からのご要望により、取り急ぎご紹介させていただきます。
一部ご紹介していたものは売り切れてしまいましたが、まだ在庫があるもの
もございますので、蒔絵の玉かんざしたちです。
塗り分けになっていて、中ぶりの使いやすいサイズのものです。

上から順に小菊柄(17.6センチ)、牡丹と車輪柄、蝶柄(ともに19.4センチ)、
梅柄、竹柄(ともに約18.7センチ)です。
f0151488_16493367.jpg


↓蒔絵部分UP。玉の直径は大体八分玉(24ミリ)程度ですが、小菊柄だけ
25ミリ程度と気持ち大きくなっています。
f0151488_16494334.jpg


販売価格は小菊柄のみ4,515円(税込)で、残り4本は全て4,200円です。

こちらの商品に関するお問い合わせは、
080-3470-2892 (店主ケイタイ)か
03-3700-2625 (店舗)までお気軽にどうぞ。

かんざし屋 有限会社山口のサイトはこちら
[PR]
by kanzasi_yamaguchi | 2009-01-06 16:50 | 玉かんざし
さて、またお客様からのご要望により、取り急ぎご紹介させていただきます。
一部ご紹介していたものは売り切れてしまいましたが、まだ在庫があるもの
もございますので、蒔絵の玉かんざしたちです。
中ぶり~小ぶりの使いやすいサイズのものです。

まず1つ目は大きさ16.7センチ、玉の直径22ミリのものです。
f0151488_216238.jpg

蒔絵部分UP↓
f0151488_2161129.jpg

左から牡丹、梅、蝶の3柄です。販売価格は各4,725円(税込)です。

次に2つ目は大きさ17.6センチ、玉の直径24ミリのものです。
f0151488_217356.jpg

蒔絵部分UP↓
f0151488_2174829.jpg

左から桜、牡丹、梅の3柄です。販売価格は各3,675円(税込)です。

最後は大小2つです。
大きいほうのサイズ16.7センチ、玉の直径21ミリのものです。
小さいほうのサイズ15.6センチ、玉の直径19ミリのものです。
f0151488_218976.jpg

蒔絵部分UP↓
f0151488_2182432.jpg

大きめもののほうは、赤い色あいが入って柔らかい印象、小さい方はゴールド
一色なので小さくでも豪華な感じのものです。
販売価格は大3,675円(税込)、小3,150円(税込)です。

こちらの商品に関するお問い合わせは、
080-3470-2892 (店主ケイタイ)か
03-3700-2625 (店舗)までお気軽にどうぞ。

かんざし屋 有限会社山口のサイトはこちら
[PR]
by kanzasi_yamaguchi | 2009-01-05 21:09 | 玉かんざし
またまたお客様からのご要望により、取り急ぎご紹介させていただきます。
玉かんざし #24 としてご紹介していたものとほぼ同じものです。
蒔絵は手描きですので、特に箔の部分は全く同じものではございません。

まずこちら↓は、#24とほぼ同じものです。
f0151488_16154650.jpg

大きさは16.6センチ、玉の直径21ミリ、足だけの長さ12センチと、ほぼ
同じものです。

また、色合いの違うものもございますので、ご参考までに。
f0151488_1616794.jpg

写真下が濃い方です。


ちなみに、平打と櫛のセットものがございましたのでご覧になってみて下さい。
こちらは一点ものです。色合いの比較に、明るい色合いの方の玉かんざしと
並べてみました。
f0151488_16161654.jpg

大きさは、櫛が幅10.8センチ×高さ5.3センチ、平打が20.4センチです。
平打の円の直径は寸三(3.9センチ)です。

こちらの商品に関するお問い合わせは、
080-3470-2892 (店主ケイタイ)か
03-3700-2625 (店舗)までお気軽にどうぞ。

かんざし屋 有限会社山口のサイトはこちら
[PR]
by kanzasi_yamaguchi | 2008-11-29 16:24 | 玉かんざし
いよいよ今日からバーゲンセール!!

今回のセールの目玉商品をご紹介いたします。
f0151488_13143462.jpg

虫食いの本サンゴの玉に、耳掻きと足は本べっ甲という、本物づくしの
逸品です。
かんざし屋をやっていても、そうそう目にすることのないクラスのもので
私は今回の秘かな目玉だと思っております。

これは、玉の材料だけがウチの会社に在ったんですよ。
そこへたまたまこういった本サンゴの玉かんざしが欲しいというリクエストを
いただきまして、あー、サンゴの玉だけあったなあ…と思いだしまして。
本べっ甲の職人さんのところへ早速送ってみたわけです。
ところが、もともと金属足の玉かんにする用に穴を開けたらしく、穴の径が
かなり小さかったんですね。で、わざわざサンゴを扱える別の職人さんの
ところへ送って、もう少し大きい穴をあけてもらったという経緯があります。
これ、間に合うかなあと思っておりましたら、セールの直前に出来上がって
きましたので、早速ご紹介させていただきます。

玉自体は昔のものなので、通常の価格よりもかなり押さえております。

限定2本のみのものですので、どうぞよろしくお願いいたします。

こちらの商品に関するお問い合わせは、
080-3470-2892 (店主ケイタイ)か
03-3700-2625 (店舗)まで
f0151488_1127715.jpg
お気軽にどうぞ。
[PR]
by kanzasi_yamaguchi | 2008-06-13 13:14 | 玉かんざし