創業昭和5年のかんざし屋 3代目が綴る、かんざし屋としての日常のことなど


by kanzasi_yamaguchi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2009年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

干支かんざし 寅

さて、今年も苦労した(笑)干支かんざしが出来上がってきてはいたんですが、
こちらでご紹介するのを忘れておりました。
来年の干支は「寅(とら)」。小さなながらもちょっと頑張っているような、小さな
寅がちょこんと乗っています。
f0151488_20453544.jpg


アップで見てみると、ちょっとへの字のような口元で、ちっちゃいながらも悪い
ものをにらんでいるような感じではないでしょうか。
f0151488_2047118.jpg


f0151488_20474336.jpg



こういった、小さくて可愛いものを好む傾向というのは、つくづく日本的だなあと
思ったりもしています。

小さなかんざしなので、ひとつ縁起担ぎに、新年の新たな気持ちに合わせて
お使いいただければと存じます。

販売価格1,575円(税込)で、足の色が赤と緑の2色ございます。

こちらの商品に関するお問い合わせは、
080-3470-2892 (店主ケイタイ)か
03-3700-2625 (店舗)までお気軽にどうぞ。

かんざし屋 有限会社山口のサイトはこちら
[PR]
by kanzasi_yamaguchi | 2009-12-30 20:49 | 雑感など
さて今年も残りあと10日ほどになってしまいましたが、年末年始の営業日程に
ついてお知らせさせていただきます。

今年の営業日程ですが、年内はお休みなく営業する予定です
明日以降の営業時間は下記の通りです。
  12月22日(火)  9:00~17:30
  12月23日(水) 13:00~19:00
  12月24日(木)  9:00~17:30
  12月25日(金)  9:00~17:30
  12月26日(土) 13:00~19:00
  12月27日() 13:00~19:00
  12月28日(月)  9:00~17:30
  12月29日(火) 13:00~19:00
  12月30日(水) 13:00~19:00
  12月31日(木) 13:00~15:00(ちょっと早まります。ご注意下さい)

2010年
   1月日(金)    OFF
   1月日(土)    OFF(一応)
   1月日(日)    OFF(一応)
   1月4日(月)   13:00~19:00 ★午前中外出予定となりました★
   1月5日(火)    9:00~17:30 ※通常営業開始

ただし、12月31日(木)は、15:00頃までの営業となる予定です。
ちょっと外出予定がありますので…。スミマセン。

事前にお電話でご確認いただければ、より確実です。
ご来店のほど、お待ちいたしております。

なお、通常営業は2010年は1月5日(火)からです。
ま、たぶんそれまでも営業しちゃうと思いますけども…。

なるべくご都合には合わせますので、ご相談下さい。

お問い合わせは、
080-3470-2892 (店主ケイタイ)か
03-3700-2625 (店舗)までお気軽にどうぞ。

かんざし屋 有限会社山口のサイトはこちら
[PR]
by kanzasi_yamaguchi | 2009-12-21 16:44 | 雑感など
毎年、新しい年の初めにつけるかんざしというものがございます。
1つは干支かんざしです。
来年は「寅」ということで、また粘土で原型から製作していたのですが、
急いでいたので原型の写真を撮るのを忘れてしまいました。スミマセン。
で、これは現在量産中(といっても100本程度しか作りませんけど)なので
出来上がりまで今しばらくお待ち下さい。

さてもう1つは稲穂かんざしです。
f0151488_15305735.jpg

文字通り、ホンモノの稲穂をかんざしに仕立てたものなんですが、特に
つまみで鳩を作ってそれを組み合わせています。
これは、舞妓さんや芸妓さん用が新年の間だけ挿すかんざしです。

稲穂というのは豊作の意味合いですから、そこから福の象徴的なものの1つ
といえます。
また「実れるほど頭(こうべ)を垂れる稲穂かな」という言葉通り、謙虚さを
説く意味あいもあり、日本人の好きな意匠のものと言えます。
f0151488_15295219.jpg

取りあえず50本ほど用意しましたが、その日のうちに半分以下になってしまいました。
ま、縁起ものなので、全て売れてくれれば なおありがたいところです。

さて、このかんざしの鳩さんには目が描かれていません。
これは、もともと舞妓さんと芸妓さんたちが旦那衆に眼を描き入れてもらうことで
「目が出る」=「出世する」に引っかけた意味合いがあるからです。
ただ諸説あって、好きな人に眼を書いてもらうと願いが叶う(=一緒になれる)という
こともいわれているそうです。

他にも、「稲穂かんざしから稲を3粒もらって紙に包んでお財布に入ておくと、
その年は豊作(金運がアップ)になる 」とかいろいろとまつわるお話はあるようで…。

まあ、私自身そういった世界とはご縁がないのでよくはわかりませんが、
単なるかんざしにもいろいろなお話がついてくるものなのだなあと思って
しまいました。

販売価格は1本1,575円(税込)です。

こちらの商品に関するお問い合わせは、
080-3470-2892 (店主ケイタイ)か
03-3700-2625 (店舗)までお気軽にどうぞ。

かんざし屋 有限会社山口のサイトはこちら
[PR]
by kanzasi_yamaguchi | 2009-12-05 16:17 | 雑感など