創業昭和5年のかんざし屋 3代目が綴る、かんざし屋としての日常のことなど


by kanzasi_yamaguchi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

タグ:かんざし ( 149 ) タグの人気記事

こちらは本べっ甲製の玉かんざしです。
足と耳かきの部分が本べっ甲で、玉は本漆で塗りを掛けております。
f0151488_13425840.jpg
本べっ甲はタイマイというウミガメの甲羅から作られるもので、大変に使い勝手の良い素材として知られています。
かんざしとしては髪によく馴染み、長く使うことでより味わいが出てくるものとしても喜ばれてきました。

ところが乱獲によりタイマイの数が激減してしまい、CITES(サイテス。通称ワシントン条約)により国際的な取引ができなくなってしまったのです。
現在では取引禁止になる以前に獲られた材料を使って製作されております。
天然の素材のため模様の入り具合が異なり、同じものはございません。
この玉かんざしの耳かき部分にも、綺麗な斑(ふ)が入っております。
f0151488_14234439.jpg
横から見た感じも黄色い半透明の白(しろ。本べっ甲の最上部位をこう呼ぶ)の具合がはっきりとお分かりいただけるものと思います。
f0151488_14235974.jpg
この斑は足のほうにも入っており、明瞭な箇所とほんのりとした部分の両方が楽しめます。
f0151488_14283710.jpg

f0151488_14285877.jpg

玉の材料は木材では無くプラスチック樹脂を使用しておりますが、漆のほうの職人さんのこだわりで、なるべく球に近く、変形せず重くないものということで選ばれたものです。
しかしながら本漆の上品な落ち着いた色合いは本べっ甲によく合っており、ご好評をいただいているかんざしでもあります。
こちらは一点ものです。写真の現品をご用意いたします。

大きさ:18.1センチ、足部分13.4センチ
玉の直径:20ミリ
べっ甲部分の厚み:5ミリ厚
販売価格:21,600円(税込)

こちらの商品に関するお問い合わせは、
メール cnle2285☆yahoo.co.jp
 (☆マークを@に代えてください) か、
090-1731-0930(店主ケイタイ)までお気軽にどうぞ。

かんざし屋 有限会社山口

[PR]
by kanzasi_yamaguchi | 2017-09-07 13:41 | 玉かんざし
こちらは使いやすいサイズの木製の玉かんざしです。 
f0151488_13050213.jpg
木材は朴(ほお)の木を使用しており、軽くて丈夫な材料として古くから用いられているものです。
この材で玉かんざしを組み立て、それにカシューという人工の漆のような塗料で塗りを掛けました。

このくらいのサイズは髪に挿すと程よい大きさで、他のかんざしとの組み合わせにも良いものでしょう。
造花の飾りだけだと洋風っぽくなってしまいがちですが、こういう和装らしいかんざしを一本プラスするだけで雰囲気が変わり、和の装いによく合うのでおすすめです。

こちらは全体に赤い塗りを掛けたもので、はっきりとした印象で遠目にもよいものでしょう。
f0151488_13080291.jpg

本漆には敵いませんが、カシューもしっとりとした光沢があり、スプレーのような塗装とは風合いが全く異なります。
色もちょっと落ち着いた赤の色合いなので、和装らしい印象になるでしょう。

ちなみに耳かきの部分は、先端が膨らんだ厚みのある形状になっています。
f0151488_13131988.jpg

全て国内の職人さんによる手作りのかんざしです。

大きさ:長さ17.6センチ、足だけの長さ12.7センチ
 ※手作りのため多少の違いがございます
玉の直径:24ミリ
重さ:7グラム
販売価格:1,620円(税込/本体1,500円)

こちらの商品に関するお問い合わせは、
メール cnle2285☆yahoo.co.jp
 (☆マークを@に代えてください) か、
090-1731-0930(店主ケイタイ)までお気軽にどうぞ。

かんざし屋 有限会社山口


[PR]
by kanzasi_yamaguchi | 2017-09-07 13:02 | 玉かんざし
こちらは使いやすいサイズの木製の玉かんざしです。 
f0151488_17243610.jpg
木材は朴(ほお)の木を使用しており、軽くて丈夫な材料として古くから用いられているものです。
この材で玉かんざしを組み立て、それにカシューという人工の漆のような塗料で塗りを掛けました。

このくらいのサイズは髪に挿すと程よい大きさで、他のかんざ組み合わせにも良いものでしょう。
造花の飾りだけだと洋風っぽくなってしまいがちですが、こういう和装らしいかんざしを一本プラスするだけで雰囲気が変わり、和の装いによく合うのでおすすめです。

なおこの玉かんざしがちょっと違うところは、一度全てを黒く塗り、乾かしてから玉の部分だけ赤く塗りを重ねているところです。
f0151488_17310871.jpg
これによって玉かんざしらしい色合いになっているものでしょう。

そのぶん手間も掛かっているわけですが、プラスチックとは異なるしっとりとした風合いを楽しんでいただけたらと存じます。

ちなみに耳かきの部分は、先端が膨らんだ厚みのある形状になっています。
f0151488_17323416.jpg

全て国内の職人さんによる手作りのかんざしです。

大きさ:長さ17.6センチ、足だけの長さ12.7センチ
玉の直径:24ミリ
重さ:7グラム
販売価格:2,160円(税込/本体2,000円)

こちらの商品に関するお問い合わせは、
メール cnle2285☆yahoo.co.jp
 (☆マークを@に代えてください) か、
090-1731-0930(店主ケイタイ)までお気軽にどうぞ。

かんざし屋 有限会社山口

[PR]
by kanzasi_yamaguchi | 2017-09-05 17:16 | 玉かんざし
こちらは本べっ甲製の平打と櫛の二点セットです。
f0151488_15022558.jpg
平打と櫛には揃い柄の蒔絵が施されています。
蒔絵は本銀と螺鈿を使った美しいものです。
螺鈿は2ミリ角程に細かくカットされたもので、左右の葉ほうには赤っぽく、中央の葉のほうは青く染めたものと、2色を使い分けているところにも職人さんの細やかな配慮が伺えます。

土台になっている本べっ甲についてですが、櫛のほうは厚みは無いものの(3ミリ厚)、全体に淡い濃淡の斑が入っていることから言ってもなかなか綺麗なものと言えます。
f0151488_15040649.jpg
平打は4ミリ厚でしっかりしています。
また足の部分には斑が入っており、お使いの際にはまげの中に入ってしまいますが、それはご自身だけの楽しみということでいかがでしょうか。
f0151488_15120447.jpg
また、裏面に同じ竹柄の蒔絵が施されています。
f0151488_15125842.jpg
竹は和装らしいすっきりとした美しさがあり、夏をイメージさせる爽やかさがあります。
また清涼感だけでなく、実際に竹林はしっかり根を張ることから安定感をも匂わせる芯の強さを表しているのではないでしょうか。
和装らしいモチーフの一つとしても喜ばれています。

こちらは一点もので、こちらの現品をご用意いたします。
販売次第取り下げるようにいたしますので、売り切れの際にはご容赦ください。

大きさ:櫛/幅10.2センチ×高さ5.25センチ
    平打/長さ19.6センチ×柄部分の直径3.6センチ
販売価格:30,240円(税込)

[PR]
by kanzasi_yamaguchi | 2017-08-30 15:01 | 平打&櫛セット
こちらは本べっ甲製の平打と櫛の二点セットです。
f0151488_14434570.jpg
平打と櫛には揃い柄の蒔絵が施されています。
蒔絵は本銀と螺鈿を使った美しいものです。
螺鈿は2ミリ角程に細かくカットされたもので、花のほうには赤っぽく、葉のほうは青く染めたものと、2色を使い分けているところにも職人さんの細やかな配慮が伺えます。

土台になっている本べっ甲についてですが、櫛のほうは厚みは無いものの(3ミリ厚)、全体に淡い濃淡の斑が入っていることから言ってもなかなか綺麗なものと言えます。
f0151488_14452397.jpg
平打は足の部分が4ミリ厚、飾りの円の部分は約5ミリ厚としっかりしたつくりです。
また足の部分には斑が入っており、お使いの際にはまげの中に入ってしまいますが、それはご自身だけの楽しみということでいかがでしょうか。
f0151488_14455616.jpg
また、裏面に同じ乱菊柄の蒔絵が施されています。
f0151488_14480647.jpg
乱菊は江戸時代後期に大振りな花を咲かせることが流行したほどで、和装らしい華やかな、そして流れるような動きのある優雅な絵柄として好まれております。

こちらは一点もので、こちらの現品をご用意いたします。
販売次第取り下げるようにいたしますので、売り切れの際にはご容赦ください。

大きさ:櫛/幅10.1センチ×高さ5.25センチ
    平打/長さ19.4センチ×柄部分の直径3.6センチ
販売価格:30,240円(税込)

[PR]
by kanzasi_yamaguchi | 2017-08-30 14:41 | 平打&櫛セット
こちらは本べっ甲製の平打と櫛の二点セットです。
f0151488_14542843.jpg
平打と櫛には揃い柄の蒔絵が施されています。
蒔絵は本銀と螺鈿を使った美しいものです。
螺鈿は2ミリ角程に細かくカットされたもので、花のほうには赤っぽく、葉のほうは青く染めたものと、2色を使い分けているところにも職人さんの細やかな配慮が伺えます。

土台になっている本べっ甲についてですが、櫛のほうは厚みは無いものの(3ミリ厚)、全体に淡い濃淡の斑が入っていることから言ってもなかなか綺麗なものと言えます。
f0151488_14551147.jpg
平打は4ミリ厚でしっかりしています。
また足の部分には斑が入っており、お使いの際にはまげの中に入ってしまいますが、それはご自身だけの楽しみということでいかがでしょうか。
f0151488_14555295.jpg
また、裏面にも同じ牡丹柄の蒔絵が施されています。
f0151488_14563069.jpg
牡丹は和装らしい華やかな絵柄として好まれてきましたが、美人を形容する花の一つとしても喜ばれています。

こちらは一点もので、こちらの現品をご用意いたします。
販売次第取り下げるようにいたしますので、売り切れの際にはご容赦ください。

大きさ:櫛/幅10.2センチ×高さ5.3センチ
    平打/長さ19.4センチ×柄部分の直径3.6センチ
販売価格:30,240円(税込)

[PR]
by kanzasi_yamaguchi | 2017-08-29 16:58 | 平打&櫛セット
f0151488_01211242.jpg
こちらのブログはかなり前に更新したきりでそのままになっていたのですが、
今回改めてこちらでもかんざしをご紹介させていいただきたく存じますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

さてその第一弾は芳丁(よしちょう)です。
なおこの芳丁の漢字ですが、これは弊社の先代があてたもので当店のオリジ
ナルな表現でございます(他には「吉」の字をあてる場合もございます)。

通常ですと卵甲(らんこう)といって本べっ甲を模した色合いのものを製作して
いるのですが、こちらは赤い生地を使って製作したオリジナルです。
色合いとしてはかなり濃い感じの赤で、和風に合う落ち着いたものになって
います。
ちょっと独特な雰囲気のものですが、特注にて製作したこともありますので、
これもまた華やかで印象的なものと言えるでしょう。
f0151488_01224894.jpg
大きさは七寸(21センチ)で、使いやすい中ぶりなサイズです。
プラスチック製ですが、よくあるアクリル樹脂ではなく、アセテート樹脂を
使っています。アクリルとは違ってたわみに強いのが特徴です。
f0151488_01225542.jpg
芳丁は前髪に挿すもので、かつ挿したときに水平か斜め下くらいの角度に
なるため、落ちてしまわない様にかんざしの足に割りばし状の切れ込みを
入れています。
これを少し開くようにしながら髪に挿し入れるようにして、挿したあとに手を
離すと、少し開かせた足が閉じてしっかり留まるのです。
アクリルですと足を開かせたときに折れてしまうことがありますので、特に
アセテートを用いているものです。
f0151488_01321953.jpg
販売価格:1.404円(1,300円+消費税)
販売本数:12本

いかがでしょうか。
こちらの商品に関するお問い合わせは、下記のメールアドレスまでお気軽にどうぞ。
cnle2285☆yahoo.co.jp
(☆マークを@マークに代えてください)



[PR]
by kanzasi_yamaguchi | 2017-04-07 01:32 | 芳丁(よしちょう)
来る5/20(水)放送のテレビドラマ 『金沢のコロンボ2』にて、当店のかんざしが
使われます!(テレビ東京系列・5/20(水)21時00分~)
  公式サイト http://www.tv-tokyo.co.jp/mystery9/index.html

石川県の金沢を舞台に、三宅裕司さん扮する凄腕刑事“金沢のコロンボ”が難事件を
解いていくシリーズ第2作目です。

今回は警視庁の警視役の浅野ゆう子さんとタッグを組み、東京を発端とし、次いで
古都・金沢で起こった殺人事件の謎を解いてゆきます。

今回は、金沢で行われる結婚披露宴にご列席される方へのかんざしを貸し出し
させていただきました。
お着物や帯などと比べれば小さなかんざしですけれど、少しでもかんざしを
付けた方が輝いて見えると嬉しいな、と思っています。

テレビドラマ、映画、そのほかイベントなどの貸出に関するお問い合わせは、
メール webmaster☆kanzasi.co.jp(☆マークを@に換えてください)
080-3470-2892 (店主ケイタイ)または
03-3700-2625 (店舗)までお気軽にどうぞ。
かんざし屋 有限会社山口のサイトはこちら
[PR]
by kanzasi_yamaguchi | 2015-05-13 23:20 | メディア関係いろいろ
Harper's BAZAAR ハーパーズ バザー 2015年5月号にかんざしが掲載されました!
f0151488_0313114.jpg

公式サイトはこちら
『ハーパーズ バザー』は1867年にアメリカのニューヨークで創刊されて以来、
実に140年以上の歴史を誇る、世界初・世界最古の女性ファッション誌です。

そんな凄すぎるファッション誌の今月号の特集は”フラワーパワーで輝く”というもの。
さまざまな形で花の華やかさ、美しさを集めているのですが、そこで当店の桜柄の
蒔絵のかんざし↓を取り上げていただけることになりました。
f0151488_042124.jpg

しかし、プロのかたに撮っていただくとグッと趣きが変わり、とても雰囲気のあるものに
なっているのはさすがでした。

実はもう既に3月20日に発売されております。
ぜひ一度ご覧になってみください!

こちらの商品に関するお問い合わせは、
080-3470-2892 (店主ケイタイ)か
03-3700-2625 (店舗)までお気軽にどうぞ。
なお下記弊社サイトでも販売しております。
「蒔絵かんざし」のカテゴリをご覧ください。
かんざし屋 有限会社山口のサイトはこちら
[PR]
by kanzasi_yamaguchi | 2015-03-31 00:44 | メディア関係いろいろ
現在福岡・博多の博多座で公演中の舞台 『めんたいぴりり』にて、当店の
かんざしが使われております!
f0151488_14261939.jpg

  公式サイトはこちら 

もともとは2013年にテレビ西日本の開局55周年を記念してテレビドラマとして
制作・放送されていたものですが、好評により舞台化されたものです。

明太子で有名な「ふくや」さんの創業者・川原俊夫氏の半生を描いたもので
すので、時代設定を考えて昭和中期ごろに使われたであろうものを中心に
貸し出しさせていただきました。
実際にどうやってお貸しするのかなあと思っていましたら、本当にヘアメイクの
方が東京までお越しになって衣装やらを手配されていたそうで、その折に
お時間を作って打ち合わせすることができました。
この舞台をより良いものにしたいというその情熱には頭が下がる思いです。
こうしたさまざまな人の想いが集まって、一つのものを作り上げていくという
のは幾つになってもいいものだなあと思ってしまいます。

いつも言っていることですが、お着物や帯などと比べれば小さなかんざしです
けれど、少しでもかんざしを付けた方が輝いて見えると嬉しいな、と思っており
ます。

テレビドラマ、映画、そのほかイベント等への貸出に関するお問い合わせは、
メール webmaster☆kanzasi.co.jp(☆マークを@に換えてください)
080-3470-2892 (店主ケイタイ)または
03-3700-2625 (店舗)までお気軽にどうぞ。
[PR]
by kanzasi_yamaguchi | 2015-03-08 14:32 | メディア関係いろいろ