創業昭和5年のかんざし屋 3代目が綴る、かんざし屋としての日常のことなど


by kanzasi_yamaguchi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ:かんざし ( 143 ) タグの人気記事

お客様のリクエストでご紹介させていただく品です。
平打セットの梨地台で扇の柄のものです。
f0151488_15422612.jpg


こちら↓は櫛単体のUP画像です。
f0151488_15424416.jpg

ちょっと明るめになってしまいましたが、

↓平打の蒔絵部分のUP画像です。
f0151488_15425688.jpg


いかがでしょうか。どうぞよろしくお願いいたします。

こちらの商品に関するお問い合わせは、
080-3470-2892 (店主ケイタイ)か
03-3700-2625 (店舗)までお気軽にどうぞ。

かんざし屋 有限会社山口のサイトはこちら
[PR]
by kanzasi_yamaguchi | 2011-01-07 15:44 | 平打&櫛セット
前回から改良に改良を重ねた結果がこちらになります。
f0151488_311570.jpg


今回は花を一回り小さく作り直してみました。
逆に花の数を増やすことで、楠玉のように上下左右から見ても花で覆われているように見えるかと思います。
横から見たところ↓
f0151488_311598.jpg

いかがでしょうか。
どうかご検討の程、よろしくお願いいたします。

こちらの商品に関するお問い合わせは、
080-3470-2892 (店主ケイタイ)か
03-3700-2625 (店舗)までお気軽にどうぞ。

かんざし屋 有限会社山口のサイトはこちら
[PR]
by kanzasi_yamaguchi | 2011-01-05 03:01 | つまみかんざし
個別のお客様からご依頼をいただいている件なのですが、
ここのブログでご紹介する方が早いということでこの場を利用して
やり取りさせていただきます。

まず色合いは赤とゴールドで構成したいということで、ちりめんの赤を
ご提案させていただきます。
なお写真のサンプルはそのちりめんの赤に金箔を付けたものです。
こういう生地ではないのでご承知おき下さい。
また花の中心の玉などはまだ取り付け前の状態です。
f0151488_130403.jpg

f0151488_12581352.jpg

お花三輪でまとめた場合、花の角度を付ければ多少は半球状になり
サイドからの鑑賞にも耐えることができるものと思います。
横から見たところ↓
f0151488_12584286.jpg


一応細い組紐を足してみた状態もご覧下さい。あまり張り出たせず、
花と花の間から覗くような程度にしてみました。
f0151488_130511.jpg


いかがでしょうか。ご検討いただければ幸いです。

こちらの商品に関するお問い合わせは、
080-3470-2892 (店主ケイタイ)か
03-3700-2625 (店舗)までお気軽にどうぞ。

かんざし屋 有限会社山口のサイトはこちら
[PR]
by kanzasi_yamaguchi | 2010-12-24 13:01 | つまみかんざし
こちらもお客様からのリクエストでご紹介させていただきます。

オンライン上ではなかなか実際の大きさは分かりづらいものですが、
少なくともこのかんざしとこのかんざしではどのような差があるのか、
というのを比較としてご覧いただくことは可能です。

という訳でこちらはその大きさと見え方の違いをご覧いただきます。

まずかんざし全体の感じです。
f0151488_2053864.jpg

左からビラカンの寸丸、扇の中サイズ、チリカン 一梅です。
こうしてみるとビラカン二種は同じような感じで、チリカンだけが小さく
見えるかもしれませんが…
実際に挿してみたときにはこんな感じ↓になります。
f0151488_20531996.jpg

かんざしの順番は同じです。いかがでしょうか。
同じビラカンでも、扇型の方が幅が広いので存在感があります。ただし
ビラカンの柄の部分は見えなくなってしまいますので、本当にビラだけが
メインとなるのがお分かりいただけると思います。
対してチリカンは立体的で、飾りも動くというところがポイントです。

最終的にはお好みとなりますが、とりあえずご検討いただければ幸いです。

こちらの商品に関するお問い合わせは、
080-3470-2892 (店主ケイタイ)か
03-3700-2625 (店舗)までお気軽にどうぞ。

かんざし屋 有限会社山口のサイトはこちら
[PR]
by kanzasi_yamaguchi | 2010-12-22 21:26 | チリカン、ビラカン
卵甲の前差の「三つ牡丹」をご注文いただいたのですが、こちらが売り切れと
なってしまいました。そこで、お客様にそのお話をお伝えしましたところ、他の
柄のものがあるならば見てみたいというご要望をいただきましたので、こちらで
ご紹介させていただきます。

まず1枚目です。
f0151488_1759677.jpg

左が梅三つの飾りで、土台は凸型のような形をしています。
右は松竹梅の飾りで、土台は扇を広げた形をしています。

次に2枚目です。
f0151488_17591760.jpg

左は桜の花の飾りが付いたもので、土台は扇を広げた形をしています。
右は小菊三つの飾りで、土台は葉の形を模したものになっています。

下がりがついていないものもございますが、すぐに取り付けいたしますので
ご安心下さい。

なおこちらのかんざしは写真の1点づつのみで、リクエストをいただいた
お客様優先となりますので、どうぞご了承下さい。

こちらの商品に関するお問い合わせは、
080-3470-2892 (店主ケイタイ)か
03-3700-2625 (店舗)までお気軽にどうぞ。

かんざし屋 有限会社山口のサイトはこちら
[PR]
by kanzasi_yamaguchi | 2010-12-22 18:11 | 前差しかんざし類
ここのところブログをなかなか更新できず、申し訳ございません。
実際、パタパタと動き回っておりまして、なかなか落ち着いてご紹介
することができませんでした。

さて本日は、人気の玉かんざしいろいろをご紹介いたします。
まずは本べっ甲の玉かんざしです。
先日、ついに前回製作していただいた10本が無くなりまして、
追加製作をお願いしておりました。ちょうどそれが出来上がって
まいりました。
f0151488_04311100.jpg

今回も10本、お願いしてみました。
耳かき部分には斑(ふ)が入っているところを選んで付けてもらって
います。べっ甲は天然素材ですので、一つづつ異なっています。
耳かき部分UP↓
f0151488_0432132.jpg


今なら選び放題ですよ。一つづつ見比べてみて、ご自分のお好みの
ものを選んでみてはいかがでしょうか。
近日中にアップいたしますので、お待ち下さい。もし気になる方は
お気軽にお問い合わせいただければ幸いです。


ちなみに、全く関係無いんですが私の親戚に日本刀の拵え(こしらえ)を
作っている作家(でいいのかな)がいるのです。日本ではそれこそ数える
ばかりだと思うんですが、それゆえなのか国宝クラスの修理や製作も
手がけているようで、その道では有名らしいのですね。まあ私にとっては
ちょっと愉快な親戚のおじさんの一人なんですけれども。
で、夏ごろにその方から電話が掛かってきまして、とある歴史上の有名な
宝殿に納められている工芸品の修理とレプリカの製作を依頼されていると
いうんです。で、その中に本べっ甲を使った部分があるので、本べっ甲の
職人さんを紹介してもらえないかということだったのです。
そこで私はいつもかんざしをお願いしている方をご紹介したのですが、
実は別ルートでも本べっ甲の職人さんを探していたらしいんですね。
ところが、その別ルートでも同じ職人さんを紹介されたそうなのです。
それくらい私自身も信頼している方の手によるものですので、どうぞよろ
しくお願いいたします。

こちらの商品に関するお問い合わせは、
080-3470-2892 (店主ケイタイ)か
03-3700-2625 (店舗)までお気軽にどうぞ。

かんざし屋 有限会社山口のサイトはこちら
[PR]
by kanzasi_yamaguchi | 2010-11-29 01:11 | 玉かんざし
当店で手作りで製作しているつまみかんざしをご紹介いたします。
こちらは白地にシルバー色の細かい柄が入った生地と、水色のちりめん
生地のミックスタイプです。
f0151488_11311629.jpg

白地の生地はどのような色合いのお着物でも合わせることができます
ので、使い勝手の良いものでしょう。生地屋さんで見たときは、ゴールドの
混じっている生地もあったのですが、印象として白というよりクリーム色と
いうか、木なりっぽい感じになってしまうようなのでこちらのシルバータイプを
セレクトしました。
そこに、小さく水色のちりめんの生地を混ぜて色味を足しています。
↓飾り部分UP
f0151488_11371545.jpg

↓別バージョンでピンクを足してみたものもございます。
f0151488_11385727.jpg


こちらの商品に関するお問い合わせは、
080-3470-2892 (店主ケイタイ)か
03-3700-2625 (店舗)までお気軽にどうぞ。

かんざし屋 有限会社山口のサイトはこちら
[PR]
by kanzasi_yamaguchi | 2010-10-20 11:37 | つまみかんざし
かんざし屋山口のブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。
さて、本日は七五三用のつまみかんざしについてお知らせです。

お陰さまでご用意しておりました6点(実際にはもう数点あったのですが)
全てが完売いたしました。
お買い上げ誠にありがとうございました。
ところが、その後もお問い合わせなどをいただいておりまして、飾りを追加で
製作することも検討しております。

つまみは全て当店で手作りにて製作しております
ので、コツコツと作り続けて
はいるのですが、どうしてもちょっとお時間をいただかないと完成できません。

そこで、小さなものならば一週間程度、2Pセットものならば10日くらい、
また成人式用の大振りなものならば2週間程度のお時間をいただければ
ご用意させていただきます。
↓こちらはオーダーで製作した、ちりめんの紫の生地で製作したコームタイプです
f0151488_11252647.jpg

もちろん完全手作りなのでオーダーも承ります。既存のものをベースに、一部
の生地を変えるですとか色合いを変えるということも可能ですので、お気軽に
ご相談下さい。

こちらの商品に関するお問い合わせは、
080-3470-2892 (店主ケイタイ)か
03-3700-2625 (店舗)までお気軽にどうぞ。

かんざし屋 有限会社山口のサイトはこちら
[PR]
by kanzasi_yamaguchi | 2010-10-20 11:26 | つまみかんざし
さてさて、今回は素晴らしいかんざしが届きましたので紹介いたします。
全く新しい職人さんによる、螺鈿を使った蒔絵かんざしです。
まだサンプル段階なのですが、ほぼこれで完成形となっています。
黒い台のかんざしに、小さく砕いた天然の青貝を細かく張り付けていくと
いう、気の遠くなるような緻密な作業の賜物と言えるでしょう。
Aパターン「さざれタイプ」
f0151488_102929.jpg

Bパターン「青海波柄タイプ」
f0151488_104879.jpg


いまだ価格設定なども明確には決まっておりませんが、とにかく良い出来
なのでご紹介してしまいました。どうぞよろしくお願いいたします。

こちらの商品に関するお問い合わせは、
080-3470-2892 (店主ケイタイ)か
03-3700-2625 (店舗)までお気軽にどうぞ。

かんざし屋 有限会社山口のサイトはこちら
[PR]
by kanzasi_yamaguchi | 2010-10-17 01:02 | 飾りかんざし(2本足)
お客様からのお問い合わせをいただきまして、今現在の在庫状況を
ご紹介いたします。
べっ甲張りかんざしの蒔絵タイプは、今回ご紹介する牡丹柄が3枚と、
以前ご紹介している蝶の柄のもの1枚の計4枚だけです。
f0151488_0465375.jpg

↓こちらが左のもの 蒔絵部分UPです。
f0151488_047547.jpg

↓こちらが中央のもの 蒔絵部分UPです。
f0151488_0471457.jpg

↓こちらが右のもの 蒔絵部分UPです。
f0151488_047238.jpg


あと、本当に1枚づつなのですが彫りのものも上がってきておりまして、
現在手元にあるのがこちら↓です。
f0151488_050014.jpg


いかがでしょうか。ご検討よろしくお願いいたします。

こちらの商品に関するお問い合わせは、
080-3470-2892 (店主ケイタイ)か
03-3700-2625 (店舗)までお気軽にどうぞ。

かんざし屋 有限会社山口のサイトはこちら
[PR]
by kanzasi_yamaguchi | 2010-10-17 00:50 | べっ甲張りかんざし